サマータイム

こんにちは。

オーストラリアではデイライトセービングと呼ばれる夏時間(サマータイム)があります。

サマータイムというと、ドラマがうまれそうですね。

オーストラリアではサマータイムを導入している州と、していない州があります。

サマータイムを導入している州:ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、首都直轄地域、タスマニア州、南オーストラリア州

サマータイムを導入していない州: クィーンズランド州、西オーストラリア州、ノーザンテリトリー

毎年10月から3月までの6か月間行われます。
2017年の変更日は次の通りです。

夏時間終了日: 4月1日(日曜日)午前3時が午前2時になります。
何か得した気分になります。

夏時間開始日: 10月1日(日曜日)午前2時が午前3時になります。
何か損した気分になります。

サマータイムを行っている州では夏時間と冬時間と呼ぶこともありますが、行っていない州ではスタンダードタイム(標準時間=冬時間)です。

オーストラリアの北寄りの地域はサマータイムがなくて、南寄りの地域は必要と感じているようですね。
たった1時間の変更ですが、かなり違いを体感します。夏は夜遅くまで明るいので、時間を忘れて外で過ごしたくなります。

オーストラリアが初めての方に注意してほしいのは、夏時間と冬時間が変更になる日曜日の約束です。何度も経験しましたが、皆さん時間の調整を忘れます。
最悪の場合、月曜日になっても気づかず、学校や仕事に遅れることがあります。要注意です。

また、オーストラリアの場合、州によって標準時間が違います。つまり州をまたぐと時計を調整しなければなりません。特に東西の移動に注意です。

ところで、州境の街では新年のカウントダウンで、2度祝えるそうな。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう