留学での航空券の選び方1

夏休みの留学時期が近づき、留学のために航空券を購入される方が増えていますが、7月下旬から8月は混む時期ですので、気づいたら席がなかったということもあります。早めの予約をしましょう。

簡単に航空券の選び方をご案内します。

選ぶポイントは5つです。

1 期間
留学する期間によって航空券が違います。航空券には有効期限がありますので、条件をチェックして滞在期間に合った航空券を選びましょう。基本的に安いチケットは日程変更できず、高いチケットは変更が可能になります。また手数料を払って変更できるチケットもあります。
帰国日が決まっていない場合、長期留学やワーキングホリデーでは片道航空券も選択肢に入るでしょう。
つまり、●滞在する期間、●帰国時期の柔軟性からチケットの種類を選びます。

2 ネット or 旅行会社
最近は航空券をネットで購入する方が増えています。
ネットの代表として航空会社が直接販売するチケットを例に考えますと、料金が安く、簡単に予約できる便利さがあります。一方で、予約とほぼ同時に費用を払わなければなりません。そしてキャンセル料や変更手数料が支払い直後から発生します。
旅行会社の場合は手数料がかかりますが、旅行会社で販売するチケットの中には、ある一定期間まで支払いが猶予されるタイプのチケットがあります。このような航空券はネットよりも若干高くなりますが、出発時期の1ヶ月前くらいまでキャンセルや変更があっても費用がかかりません。予定がはっきり決まっていないけれど、混む時期なのでとりあえず席を押さえておきたい場合に向いています。

3 直行便と経由便
初めて海外旅行をする方はなるべく目的地まで乗り換えせずに直行した方が安心です。オーストラリアと日本の間では日本航空、全日空、カンタス航空、ジェットスター航空が直接オーストラリアへ飛んでいます。これらを直行便と呼んでいます。直行便のメリットは早く目的地に着き、乗り換えの煩わしさがないことです。
これに対し、旅慣れている方、安い航空券を探している方、途中の国も旅行したい方は途中の国を経由して目的地に行く経由便があります。経由便のメリットは安いチケットがあることですが、乗り換えの手間とフライトの合計時間が長くなります。乗り継ぎ時間によっては経由地で宿泊するケースもあります。

4 日程に合ったフライト
航空会社によって、朝出発、夜出発など、目的地の到着時間が違いますので、日程に合わせて選びましょう。基本的にホームステイは学校が開始する直前の日曜日から入ります。日曜日の早朝〜午前中に到着するのがベストです。
もし希望通りのフライトが取れない場合は、ホストファミリーと調整する必要がありますので、ユニスタディに相談してくださいね。
ユニスタディでは航空券の購入について提携する旅行会社をご紹介しています。

5 料金
一番気になる料金ですが、航空会社によって違います。また、時期によっても違います。料金も重要ですが、上記のポイントを考えて、日程に無理のないピッタリの航空券を購入してください。
また、フリークエントフライヤーのメンバーであれば毎回同じ航空会社を利用してマイレージを貯めることで、メリットがあります。

以上、充実したご留学を!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう