アルバイトの賃金事情

オーストラリアの学生ビザでは2週間で40時間、ワーキングホリデーではフルタイムで働くことができます。
気になるアルバイトの賃金ですが、オーストラリアは最低賃金が比較的高く、学生のパートタイムのアルバイトでも生活費を稼ぐことが可能です。
最近届いたある語学学校からの有給インターンシッププログラムでは、ホテルでのアルバイトの賃金が下記のように記されていました。

ホテルでのパートタイムのお仕事
初期段階の賃金:
平日: 時給A$17.70 (約1,504円)
土曜日: 時給A$22.13(約1,881円)
日曜日: 時給A$30.98(約2,633円)
祝日: 時給A$44.25(約3,761円)
※ 日本円は現在の為替レート A$1 = 85円として計算した場合。

さらに、仕事に慣れてくると、Level 2, Level 3, Levle5と上がっていき、Level5の平日時給はA$21.90(約1,861円)になるのです。

さらに、社員と同じようにスーパーアニュエーション(個人年金の積立)、病欠や有給休暇などもしっかり付いています。

これはインターンシップの例ですから、実際にはもっと高いところが多いようです。レストランなどのホスピタリティ系ではチップ収入もあるようです。

日本でお金を貯めるよりもいいかもしれませんね。

オーストラリアは昔から労働者の給与体系がしっかりしていて、休みの日はダブルペイ(2倍の給与)、祝日はトリプルペイ(3倍の給与)などと言われてきました。ホリデーも年に4週間で、休むとホリデーペイという通常給与に一定割合を付加した休暇給与が支給されるのですから、給与労働者にとって天国のようなところです。

留学というと高いイメージがありますが、実はアルバイトと学業を両立させると負担はかなり少なくなります。ご家族にとって嬉しいお話ですし、本人も英語や仕事を実践の場で学べるので、大変役立ちます。

ユニスタディの留学体験談に、ホテルビジネスの大学に通う学生の手記があります。この方も生活費はアルバイトでまかなっているようです。
留学体験記

オーストラリアの物価は日本とほぼ同じか、安いくらいですから、働けるオーストラリアは学生やワーキングホリデーに優しい国ではないでしょうか。

でも、仕事をするには、ある程度の英語力が必要です。ですから最初の数ヶ月は語学学校でしっかり勉強してから、お仕事を始めましょう!

そして、留学やワーキングホリデーを思いっきり楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう