Uberを試してみる

こんにちは。

先日オーストラリアに出張した際にUberを試してみました。
Uberはタクシーと同じような移動手段ですが、詳しい仕組みはGoogleで調べてみてください。

私の目的は滞在先から空港までの移動です。タクシーを利用すると約30分ほどで、費用はおよそ80ドルくらいする場所でした。

初めてのことで、出発前の晩に、まずアプリのダウンロードから。
登録は簡単ですが、クレジットカードが必要でした。

タクシーと同じように時間を指定して予約するつもりで、アプリ内を探しましたが、機能が見つかりません。ネットで調べると、残念ながらUberは予約ができないとのこと。ちょっと不安です。

当日の飛行機の時間の2時間前、Uberアプリで車を探します。地図には複数の車がウロウロしていました。意外とたくさんある中から選べるので安心。地図の画面には車の車種が書いてあります。この時は一番近くにいるミツビシを指定しました。

スーツケースを持って道路で待っていると車が何台か通り過ぎました。その度にあれかな?と思いながら車種を確認。しばらくしてミツビシと思われる車が近づいてきました。先方もなんとなく探しているような動きです。車がミツビシであることを確認して手をあげると、相手もスーツケースを持っているので、すぐにわかったようです。こんな風にして出会うのですね。

「お待たせ」
親切そうなおじさんが降りてきました。車はほとんど新車に見える4WD。荷物があったので、少し大きめの車でよかった!

「えっと、空港までですね。」
「はい、国内線のジェットスター航空のターミナルまでお願いします。」

助手席に乗って、何か話さなければと思いながら、運転手の様子をみていると、「僕は運転手だから」と言った顔で、黙って丁寧に運転しています。

「あの、初めてUber乗るのですが、これっとどういう仕組みですか?」

使っているのに変な質問ですが、彼は詳しく教えてくれました。
まず、お互いにアプリの地図を見て、呼んだお客さんと運転手が互いに位置が確認できるようになっていること、お金は運転手に直接払わない、お客さんは必ず利用した車(サービスを含めて)を評価する、支払いは到着後にクレジットカードで精算される。つまり、運転手とお客さんの間でお金のやり取りがないのです。

いつからやっているのかと質問すると、彼は始めて3ヶ月目で、仕事の合間のサイドビジネスでUberをやっていると話してくれました。さらにどうやってUberの運転手になれるのかと聞くと、大変だったと語り始めました。
まずお客さんを車に乗せるには運転免許が違うので、ライセンスを取らないといけないし、車の登録やシステムの登録、保険の加入など、準備だけでとても時間がかかったそうです。それにお客様から常に評価をされるため、高スコアを維持する必要があるそうです。

そんな話をしているうちに空港に着きました。とてもいい人なので、帰りの予約をしたいというと、あっさり断られました。Uberのシステムでは事前予約も運転手の指定もできないそうです。

到着後にメールが届き、運転手の評価をして支払いを完了しました。

費用はタクシーのほぼ半額に近い金額でした。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう