Uberを試してみる

こんにちは。

先日オーストラリアに出張した際にUberを試してみました。
Uberはタクシーと同じような移動手段ですが、詳しい仕組みはGoogleで調べてみてください。

私の目的は滞在先から空港までの移動です。タクシーを利用すると約30分ほどで、費用はおよそ80ドルくらいする場所でした。

初めてのことで、出発前の晩に、まずアプリのダウンロードから。
登録は簡単ですが、クレジットカードが必要でした。

タクシーと同じように時間を指定して予約するつもりで、アプリ内を探しましたが、機能が見つかりません。ネットで調べると、残念ながらUberは予約ができないとのこと。ちょっと不安です。

当日の飛行機の時間の2時間前、Uberアプリで車を探します。地図には複数の車がウロウロしていました。意外とたくさんある中から選べるので安心。地図の画面には車の車種が書いてあります。この時は一番近くにいるミツビシを指定しました。

スーツケースを持って道路で待っていると車が何台か通り過ぎました。その度にあれかな?と思いながら車種を確認。しばらくしてミツビシと思われる車が近づいてきました。先方もなんとなく探しているような動きです。車がミツビシであることを確認して手をあげると、相手もスーツケースを持っているので、すぐにわかったようです。こんな風にして出会うのですね。

「お待たせ」
親切そうなおじさんが降りてきました。車はほとんど新車に見える4WD。荷物があったので、少し大きめの車でよかった!

「えっと、空港までですね。」
「はい、国内線のジェットスター航空のターミナルまでお願いします。」

助手席に乗って、何か話さなければと思いながら、運転手の様子をみていると、「僕は運転手だから」と言った顔で、黙って丁寧に運転しています。

「あの、初めてUber乗るのですが、これっとどういう仕組みですか?」

使っているのに変な質問ですが、彼は詳しく教えてくれました。
まず、お互いにアプリの地図を見て、呼んだお客さんと運転手が互いに位置が確認できるようになっていること、お金は運転手に直接払わない、お客さんは必ず利用した車(サービスを含めて)を評価する、支払いは到着後にクレジットカードで精算される。つまり、運転手とお客さんの間でお金のやり取りがないのです。

いつからやっているのかと質問すると、彼は始めて3ヶ月目で、仕事の合間のサイドビジネスでUberをやっていると話してくれました。さらにどうやってUberの運転手になれるのかと聞くと、大変だったと語り始めました。
まずお客さんを車に乗せるには運転免許が違うので、ライセンスを取らないといけないし、車の登録やシステムの登録、保険の加入など、準備だけでとても時間がかかったそうです。それにお客様から常に評価をされるため、高スコアを維持する必要があるそうです。

そんな話をしているうちに空港に着きました。とてもいい人なので、帰りの予約をしたいというと、あっさり断られました。Uberのシステムでは事前予約も運転手の指定もできないそうです。

到着後にメールが届き、運転手の評価をして支払いを完了しました。

費用はタクシーのほぼ半額に近い金額でした。

 

 

 

留学での航空券の選び方1

夏休みの留学時期が近づき、留学のために航空券を購入される方が増えていますが、7月下旬から8月は混む時期ですので、気づいたら席がなかったということもあります。早めの予約をしましょう。

簡単に航空券の選び方をご案内します。

選ぶポイントは5つです。

1 期間
留学する期間によって航空券が違います。航空券には有効期限がありますので、条件をチェックして滞在期間に合った航空券を選びましょう。基本的に安いチケットは日程変更できず、高いチケットは変更が可能になります。また手数料を払って変更できるチケットもあります。
帰国日が決まっていない場合、長期留学やワーキングホリデーでは片道航空券も選択肢に入るでしょう。
つまり、●滞在する期間、●帰国時期の柔軟性からチケットの種類を選びます。

2 ネット or 旅行会社
最近は航空券をネットで購入する方が増えています。
ネットの代表として航空会社が直接販売するチケットを例に考えますと、料金が安く、簡単に予約できる便利さがあります。一方で、予約とほぼ同時に費用を払わなければなりません。そしてキャンセル料や変更手数料が支払い直後から発生します。
旅行会社の場合は手数料がかかりますが、旅行会社で販売するチケットの中には、ある一定期間まで支払いが猶予されるタイプのチケットがあります。このような航空券はネットよりも若干高くなりますが、出発時期の1ヶ月前くらいまでキャンセルや変更があっても費用がかかりません。予定がはっきり決まっていないけれど、混む時期なのでとりあえず席を押さえておきたい場合に向いています。

3 直行便と経由便
初めて海外旅行をする方はなるべく目的地まで乗り換えせずに直行した方が安心です。オーストラリアと日本の間では日本航空、全日空、カンタス航空、ジェットスター航空が直接オーストラリアへ飛んでいます。これらを直行便と呼んでいます。直行便のメリットは早く目的地に着き、乗り換えの煩わしさがないことです。
これに対し、旅慣れている方、安い航空券を探している方、途中の国も旅行したい方は途中の国を経由して目的地に行く経由便があります。経由便のメリットは安いチケットがあることですが、乗り換えの手間とフライトの合計時間が長くなります。乗り継ぎ時間によっては経由地で宿泊するケースもあります。

4 日程に合ったフライト
航空会社によって、朝出発、夜出発など、目的地の到着時間が違いますので、日程に合わせて選びましょう。基本的にホームステイは学校が開始する直前の日曜日から入ります。日曜日の早朝〜午前中に到着するのがベストです。
もし希望通りのフライトが取れない場合は、ホストファミリーと調整する必要がありますので、ユニスタディに相談してくださいね。
ユニスタディでは航空券の購入について提携する旅行会社をご紹介しています。

5 料金
一番気になる料金ですが、航空会社によって違います。また、時期によっても違います。料金も重要ですが、上記のポイントを考えて、日程に無理のないピッタリの航空券を購入してください。
また、フリークエントフライヤーのメンバーであれば毎回同じ航空会社を利用してマイレージを貯めることで、メリットがあります。

以上、充実したご留学を!

シドニーの公共交通機関

こんにちは。

シドニーでは電車やバスなどの交通機関が発達していて、とても便利です。


公共交通機関というと、電車やバス、タクシーをイメージしますが、美しいシドニー湾は変化に富んでいて、湾を挟んで住宅地が広がっているため、フェリーや水上タクシーも盛んに使われています。

オペラハウスの対岸にあるキリビリという地域でシェアをしていました。アパートの近くにはフェリー乗り場があり、貴重な売店もありました。


朝になるとそのフェリー乗り場にビジネススーツの人たちが次々と集まります。シドニー湾を横断するこのフェリーは通勤・通学の貴重な交通手段です。

朝、海の風を受けて、オペラハウスとハーバーブリッジを見上げて進むフェリーの短い旅は、シドニーの美しさを実感させてくれるものでした。
この通勤だけで幸せな気分にさせてくれます。

 

ところで、留学をした方は、公共交通機関で通学をします。
そのチケットもようやく進化しました。
OPALカードという交通系のICカードが導入されて、チケットはすべてこれになるということでした。日本でいうとSUICAですね。

 

このOPALカードの案内書には日本語もあります。
使える範囲は「シドニー、ブルーマウンテンズ、セントラルコースト、ハンター、イラワラ、サザンハイランズ全域において、全種類の公共交通機関が利用できます。」と書いてあります。

うれしいのは、次の説明文(2016年の日本語パンフレットから)。

オパール特典

• 1日に払う運賃合計は$15まで 

電車、バス、フェリー、ライトレールを1日中いくら利用しても運賃の合計額が大人$15、子供$7.50を超えることはありません。

• 1週間に払う運賃合計は$60まで

オパールでは一週間あたりに支払う運賃合計額の上限が大人$60、子供$30に定められています。なおオパールの一週間は月曜日に開始し、日曜日に終了します。

• 日曜日の運賃合計は$2.50まで

毎週日曜日は、すべてのオパール利用者にとって運賃合計額上限が$2.50に定められています。

• 毎週、無料の利用資格が発生

同じ週にオパールを使って有料の旅程を8回行うと、その週はそれ以降の交通機関の利用が無料になります。

交通費の上限があると安心ですね。

OPALカードは写真のような旗が出ているニュースエージェント(新聞や雑誌などを売っているお店)などで買えます。チャージもできますので、日本の交通系ICカードと同じです。

 

あなたも美しい街シドニーに留学してみませんか?

将来を創るユニスタディの留学

スマホとグーグルマップ

こんにちは。

海外にスマホ(スマートフォン)を持って行く人が多いと思います。特に最近は、SIMフリーのスマホが増えてきたので、オーストラリア到着後に現地のSIMカードを購入して入れ替えれば難なく使えます。SIMカードは到着した空港や街の購入する店(電話のお店)で入れ替えてくれますし、自分でも簡単にできます。
日本で海外対応にしたり、借りたりするより安くて、便利になりましたね。

しかし、私のiphoneはまだSIMロック解除できない機種だったので、SIMロックがかかっていました。(涙)

そこで、今回はTelstra(オーストラリアの電話会社)のお店でプリペイド式のポケットWiFiを購入しました。

便利です!

留学生の皆さん、もしスマホを持って行く場合はSIMロック解除を忘れないでくださいね。

 

私にとって必須なものが車。

レンタカーを借りる時に聞かれるのが、オプションのカーナビ。
もったいない、なんて言って、実は取扱マニュアルが苦手で、毎回カーナビはなし。

ところが、現地の人から「カーナビなんていらないよ、スマホで十分。」と教えてもらいました。

やり方は簡単。みなさまもご存知の通り、

まず、グーグルマップを開きます。車のマークをクリックして、行く先を入力して、「ナビ開始」でOK。

海外なのに地図にはカタカナの地名と英語のミックス、もっと驚いたのは音声が日本語!
「次のロータリーを右に曲がって、トレンス通りに入ります。」
通りの名前も英語が日本語の発音になっていました!

さらに実験。歩いてみても、ナビは機能しました。

スマホさえあれば、初めての場所の安心ですね。

あっ、でも、
留学したら、街行く人に道を尋ねることをおすすめしたいです。
スマホとぜんぜん違って、心が温かくなります。

 

ユニスタディの留学