アルバイトの賃金事情

オーストラリアの学生ビザでは2週間で40時間、ワーキングホリデーではフルタイムで働くことができます。
気になるアルバイトの賃金ですが、オーストラリアは最低賃金が比較的高く、学生のパートタイムのアルバイトでも生活費を稼ぐことが可能です。
最近届いたある語学学校からの有給インターンシッププログラムでは、ホテルでのアルバイトの賃金が下記のように記されていました。

ホテルでのパートタイムのお仕事
初期段階の賃金:
平日: 時給A$17.70 (約1,504円)
土曜日: 時給A$22.13(約1,881円)
日曜日: 時給A$30.98(約2,633円)
祝日: 時給A$44.25(約3,761円)
※ 日本円は現在の為替レート A$1 = 85円として計算した場合。

さらに、仕事に慣れてくると、Level 2, Level 3, Levle5と上がっていき、Level5の平日時給はA$21.90(約1,861円)になるのです。

さらに、社員と同じようにスーパーアニュエーション(個人年金の積立)、病欠や有給休暇などもしっかり付いています。

これはインターンシップの例ですから、実際にはもっと高いところが多いようです。レストランなどのホスピタリティ系ではチップ収入もあるようです。

日本でお金を貯めるよりもいいかもしれませんね。

オーストラリアは昔から労働者の給与体系がしっかりしていて、休みの日はダブルペイ(2倍の給与)、祝日はトリプルペイ(3倍の給与)などと言われてきました。ホリデーも年に4週間で、休むとホリデーペイという通常給与に一定割合を付加した休暇給与が支給されるのですから、給与労働者にとって天国のようなところです。

留学というと高いイメージがありますが、実はアルバイトと学業を両立させると負担はかなり少なくなります。ご家族にとって嬉しいお話ですし、本人も英語や仕事を実践の場で学べるので、大変役立ちます。

ユニスタディの留学体験談に、ホテルビジネスの大学に通う学生の手記があります。この方も生活費はアルバイトでまかなっているようです。
留学体験記

オーストラリアの物価は日本とほぼ同じか、安いくらいですから、働けるオーストラリアは学生やワーキングホリデーに優しい国ではないでしょうか。

でも、仕事をするには、ある程度の英語力が必要です。ですから最初の数ヶ月は語学学校でしっかり勉強してから、お仕事を始めましょう!

そして、留学やワーキングホリデーを思いっきり楽しんでくださいね。

牧場体験

ホテルのようなゲストハウスで朝起きると、窓からのっそりとエミューが覗き込んで、目が合いました。一瞬ギョッとして、唾を飲みました。
それで、牧場にいることを思い出しました。

クィーンズランド州のロックハンプトン郊外を訪ねた時のことです。

前の日、なだらかな起伏を繰り返す平坦な牧場風景をずっとみながら、何時間もかかって牧場に到着しました。
その牧場オーナーが、「牧場を見せてあげるよ」と、4WDで一番高い丘の上に連れて行ってくれました。
彼は周囲をぐるっと360度指差して、「ここから見える限りの土地、ぜーんぶ私の牧場ですよ」「見渡す限り?」「そう、牧場の中で天気が違うんだよねー。」遮るものがない丘の上から見たので、信じられない広さ。

夜はパブに改装された小屋で、ビールを飲みながら、鞭の使い方など牧場アクティビティを楽しませてくれました。
観光牧場ではなく、泊まれる部屋数は少ないのですが、ゲストを楽しませる工夫がたくさん用意してありました。このような牧場はたくさんあるようです。機会があったら是非訪問してみてくださいね。

その牧場のパブ小屋に気になるものがありました。
写真の虫です。
牧場の人に尋ねると、「ブーツを脱ぐ道具」とのこと。Beetle Boot Jackというらしいです。
「牧場の人はみんな使っているよ。」
後ろを踏んで、ツノ部分にブーツの踵を引っ掛けて脱く、とても便利なものです。

すっかり気に入り、ロックハンプトンの道具屋さんで手に入れました。

長期間滞在される方に牧場訪問をオススメします。オーストラリア大陸の広さを体験してください!

サマータイム

こんにちは。

オーストラリアではデイライトセービングと呼ばれる夏時間(サマータイム)があります。

サマータイムというと、ドラマがうまれそうですね。

オーストラリアではサマータイムを導入している州と、していない州があります。

サマータイムを導入している州:ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、首都直轄地域、タスマニア州、南オーストラリア州

サマータイムを導入していない州: クィーンズランド州、西オーストラリア州、ノーザンテリトリー

毎年10月から3月までの6か月間行われます。
2017年の変更日は次の通りです。

夏時間終了日: 4月1日(日曜日)午前3時が午前2時になります。
何か得した気分になります。

夏時間開始日: 10月1日(日曜日)午前2時が午前3時になります。
何か損した気分になります。

サマータイムを行っている州では夏時間と冬時間と呼ぶこともありますが、行っていない州ではスタンダードタイム(標準時間=冬時間)です。

オーストラリアの北寄りの地域はサマータイムがなくて、南寄りの地域は必要と感じているようですね。
たった1時間の変更ですが、かなり違いを体感します。夏は夜遅くまで明るいので、時間を忘れて外で過ごしたくなります。

オーストラリアが初めての方に注意してほしいのは、夏時間と冬時間が変更になる日曜日の約束です。何度も経験しましたが、皆さん時間の調整を忘れます。
最悪の場合、月曜日になっても気づかず、学校や仕事に遅れることがあります。要注意です。

また、オーストラリアの場合、州によって標準時間が違います。つまり州をまたぐと時計を調整しなければなりません。特に東西の移動に注意です。

ところで、州境の街では新年のカウントダウンで、2度祝えるそうな。

 

 

温水洗浄便座とバスルーム

こんにちは。

日本ではほぼ当たり前になった温水洗浄便座ですが、海外ではそうではありません。留学やワーキングホリデーをご計画の方はご理解いただきたいと思います。

10年以上前になりますが、日本に帰るたびにうらやましいと思っていた温水洗浄便座をオーストラリアに持って帰れないものかと思っていました。しかし、日本とオーストラリアでは電圧が違いますので、買って帰れませんでした。
ところが、その頃に日本人コミュニティーではそのようなニーズにすぐに応えたサービスが始まりました。ちょっと高いけれど日本人向けに温水洗浄便座を取り付けてくれるところがありました。
素晴らしいと思っていたので、一気に普及すると思っていたのですが、意外とオーストラリアで温水洗浄便座は普及しませんでした。

なぜでしょう?

オージー(オーストラリア人)に聞いてみると、
「なんで必要なの?」
使ってみないとわからないのでは、と思いましたが。

「トイレとシャワールームは一緒だから、洗いたいならシャワーを浴びればいいじゃない。だいたい、朝トイレに行ってからシャワー浴びるし。」

なるほど、基本的に必要を感じないわけです。

さて、そのバスルームですが、ホームステイをされる時に注意したいのは、長いシャワー時間です。
バスルームはトイレとシャワー、バスタブが一緒になっています。誰かが長い時間シャワーを浴びていると、他の人はトイレが使えません。そのため、なるべく早くシャワーを済ませます。通常は5分から10分程度です。
また、通常バスタブは使わず、シャワーを使います。
ほかにも、オーストラリアの水不足問題(水道料金が高い)とお湯のシステムの理由があります。
多くの家庭では、キッチン、お風呂、洗面所などの蛇口はお湯が出るようになっています。各家に大きな給湯タンクがあり、そこで水をお湯に温めて貯めています。タンクの大きさは200から300リットルくらいで、そのお湯がなくなると水がでてきます。またお湯の温度は60度から70度くらいに設定されています。
蛇口ハンドルにはお湯(赤)とお水(青)があり、温度を調整して使いますので、お湯だけ出すとやけどしますので注意しましょう。

オーストラリアに行って、朝、出かける前にシャワーを浴びることを覚え、爽快な一日が過ごせることを教わりました。

で、浴びた後のバスタオルの心地よさに感激しました。

オーストラリアで好きになったものがこのバスタオルの厚さです。たぶん、日本でもあるのだと思いますが、とにかく売っているバスタオルがホテルのように厚いのです。このふわふわ感がなんとも気持ちがよいものでした。
バスルームの構造が違うように、使うものも違ってくるのかもしれません。

ところで、オーストラリアには売っているタオルの種類が多いように思いました。ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオル、ビーチタオル。特にビーチタオルの大きさは嬉しいほどで、体全体が隠れてしまうサイズです。さすが、ビーチが大好きなオーストラリアです。
カラフルなビーチタオルは必須。「海の家」はないので。

ユニスタディの留学